seki yoshimi glass work

つくること
0

carry me

こんにちは。

今年の冬はとても厳しいですね。
金沢へ来て5年・・・名物の【雪吊り】(雪の重さに気が耐えられるように紐で補強するあれです)がこんなに活躍しているのを初めて見ました。
毎年、全然降らないのに、する必要が・・・?と思っていましたが、今年は大活躍のよう。
油断してしていなかった木が折れた!という話をよく聞きます笑
その重たい雪が捨てる場所がないほど降ったので、雪かきによって私の身長よりも高く高く積まれて、もう腕が上がりません。毎日雪と悪戦苦闘です。制作時間に影響が出てて参ります・・。そしてとどめの冬季オリンピック。笑。 冬季のが好きなのです。笑。

なんとか結果をインターネットやニュースで見ないようにして、録画で楽しむことにして、
雪景色を見ながら、今月の制作日程をこなします。

kamere18.jpg

今月はオブジェ月間。
4月に個展がありますので、今からワクワクしながら作っています。
昨年GlassTownさんに出品しました、カメレオンのオブジェ、「ぼくのいろ」も制作しています。
なんだか前回よりもさらに手が馴染んでいてとても嬉しい。


そして今月のGlass2Hには、
今年から新たに仲間入りします、Carry meシリーズの第1作目クレステッドゲッコーのてまえ玉です。

kgck1.jpg
kgck2.jpg
kgck3.jpg

あばれ玉より本作に近いので、てまえ玉とさせていただきました。
課題でした、紐を通す穴は、初めは頭から縦に細い穴が空いていて、そこに金具を通し、金具に紐を通すという形でしたが、構造上穴がすごく細くなってしまって心許なかったので、穴を顎から頭頂部に向けてあける形に変更しました。穴の角度が難しいですが、頑丈さは増したかなと思います。
色彩はcarry me(抱っこして!)のイメージで、色を混ぜて混ぜて、淡いクリームオレンジ色のボディに薄い薄い黄緑のお花を散らして淡く優しい色彩に。尻尾は反対系の色彩でメリハリを。

実物のクレステッドゲッコーは、目のキワまでかかるトゲトゲが心惹かれた部分で、まるでまつげのようでなんとも愛らしく思い、淡いベビーカラーと小さな手を伸ばす幼子の仕草と掛け合わせて、愛おしいといいますか、あのなんとも言えない幸せな感覚を感じていただけたら良いなと思います。

今月のGlass2Hhaこちら


kgck4.jpg

撮影中の一コマ。
ダレダオマエハ。






スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。